メルボルンの達人.com[メルボルンの基本情報]

携帯電話を利用する

オーストラリアでもケータイを使いたい!現地の携帯電話情報をご紹介。  

■オーストラリアで携帯を使う
オーストラリア携帯電話事情オーストラリアでも日本と同じように携帯電話は必需品です。もちろん、日本で使っている携帯電話が海外(GSMネットワーク)対応であれば、オーストラリアでもそのまま通話、SMSの送受信などができます。しかし、1~2週間程度の短期旅行に限れば、の話です。長期に渡る観光や留学VISA、ワーキングホリデーVISA、ビジネスVISAなどでオーストラリアに1ヶ月以上滞在する場合は、オーストラリアの携帯電話を手に入れたほうが費用面でも安くあがります。  そこで、オーストラリアの携帯事情をはじめ、どのようにしてオーストラリアで携帯を入手・使用するのかについて調べてみました。
広大な国土ならではの必需品! オーストラリアに滞在しているワーキングホリデーの人や留学生もほとんどの人が携帯電話を持っています。特にホームステイやシェアハウスでは固定電話の使用が限られますので携帯電話があるととても便利。もちろん、日本との国際通話も出来ますので、ラウンド中や移動中に日本のご家族や友達ともいつでも連絡が取れるので安心です。


■オーストラリアの携帯

オーストラリアにはいくつかの携帯電話会社がありますが、主流なのはTelstra、Optus、そしてVodafonの3社です。携帯端末の種類はMotorola製、NOKIA製、LG製、SAMSUNG製、Sony Ericsson製など豊富です。カラー画面の携帯もありますが、未だにモノクロ画面の携帯も売られていますし、e-mail送受信可能な携帯もつい最近出始めたばかりで、まだSMS方式によるメッセージのやり取りが大部分を占めます。カメラ機能についても日本のそれと比べると不満が出るかもしれません。携帯を入手する方法としては、Post-Paid、Pre-Paid、そしてレンタル式携帯の使用の3つがあげられます。 

■ポストペイド式携帯
現地契約プランとも呼ばれており、日本と同じように、各携帯電話会社が提供している各種月額プランの中から好みのプランを選んで契約する方法です。ただし、24ヶ月プランの適用を条件に携帯電話機本体の価格を割引(ほとんどが無料)しているので、短期留学生やワーキングホリデーの方達には不向きです。もちろん、24ヶ月のしばりに関係なく電話機本体のみを別途購入する事も可能ですが、その場合非常に高額になります(機種によりますがだいたい5万円以上)。

●メリット・最新機種が安く手に入る ・携帯電話機本体の返却の必要なし

●デメリット・24ヶ月継続使用が前提なので短期滞在者には不向き ・途中解約の場合違約金が発生


■プリペイド式携帯
各携帯電話会社で携帯電話機本体とリチャージカードを購入して使う方法です。日本では防犯上の面から新規販売を中止している会社もあり種類・プラン共に乏しいですが、オーストラリアでは様々な機種・プランが用意されています。一度プリペイド式携帯電話を購入してしまえば、後はリチャージの額面(,,等様々)を使い切るか、使用期限(額面により1ヶ月~6ヶ月等様々)を過ぎる前に新しくリチャージしながら使えばいつまでも使えます。申し込みは各携帯電話会社の支店か、携帯電話販売専門店などで行えます。リチャージ方法は①電話でクレジットカードを使用、②ATM使用、③NEWS AGENCYやコンビニその他の取扱店で直接、が主な方法です。
●メリット・使用状況に合わせてリチャージが出来る ・携帯端末の返却の必要なし
●デメリット ・携帯電話機本体の購入が必要になる(0前後)

【現地の携帯電話会社サイト】
Telstra  http://telstra.com.au/elstra


■レンタル式携帯
ポストペイド式・プリペイド式に比べると電話機本体購入の必要性がないので、最も安く携帯電話を使える方法となります。利用も1日の短期から長期までと幅が広く、また日系の企業でもレンタルできるので何か問題があっても日本語で応対してもらえるのが強みです。レンタル会社によっては日本人向けの携帯を用意している所もあり、ニッテルのレンタル携帯には完全日本語対応のものや、i-mode対応で日本語のメールが見られるものもあります。また渡豪前に契約でき、自分の携帯電話番号を前もって知ることも可能です。これらの理由から日本人留学生の9割以上はレンタル携帯電話を使用していますが、ワーキングホリデーの方はもちろん、現地滞在の永住者やビジネスマンにまで幅広く受け入れられているサービスです。
●メリット・短期~長期滞在者まで幅広い利用者がいる。・現地での日本語サポートはもちろん、日本からの申し込みも可能 ・接続料金 (1通話毎に必ず掛かる接続手数料・通常25c程)がない
●デメリット ・使用後に携帯を返却しなくてはいけない

【レンタル携帯電話会社 ニッテル】

レンタル携帯電話会社にも色々ありますが、ニッテルなら主要都市(シドニー・ゴールドコースト・ブリスベン・メルボルン・パース・ケアンズ)に各支店があり、最短1日から長期まで対応、日本語完全対応携帯あり、学割あり…と日本人の利用者のさまざまなニーズに対応しています。そこでニッテルのレンタル携帯電話のメリットをいくつか挙げてみました。

 

オーストラリアに来たら二ッテル!

ニッテルなら完全日本語対応や i-mode対応の携帯がレンタルできる!!

 
●1日からレンタル可能!途中解約もキャンセル料不要!
最短1日からレンタルで契約をすることが出来るので滞在期間に合わせてお申し込みが可能。更に通常はキャンセル時に発生するキャンセル料が、途中解約をしても不要!
●長期プランなら更に機種も充実!お約束割引もあり!
お得な長期プラン7日以上のお申し込みで7日目以降は1日あたり1ドルでレンタル出来てさらにお得!その他にも長期プランならレンタル機種の選択の幅も広がり、i-mode対応携帯や日本語完全対応携帯なども利用可。更にニッテルの携帯を長く使うという前提のもとに割引サービスもあり!
●嬉しい学割!
学割もあり!オーストラリアの学校に通う方ならビザに関係なく学割プランに加入できる。留学生に限らず、語学学校に通っている方も対象なのが嬉しい!
●毎日夜は無料通話!
二ッテルタイム【ニッテルタイム】 毎日夜8時から12時までの4時間の間、オーストラリア国内全ての携帯電話への通話が10分無料。10分以内で1度切ってかけ直せば、最大4時間も無料通話が可能!

 

【おやすみチャット】 毎日深夜12時から朝7時までの7時間、5分間の通話がどの電話会社にかけても無料となります。どちらも回数制限はありません。適用時間内で電話を切ってかけ直し、再度適用時間内で電話を切れば、毎日ニッテルタイムなら最大4時間(240分)、おやすみチャットなら毎日9時間(540分)の無料通話が出来ます。電話をかける発信元の時間で「ニッテルタイム」「おやすみチャット」が適用されるので、時差をうまく利用すればさらにお得となります。おやすみチャット

●日本からも申し込みできる!
日本出発前の申し込みが可能。日本を出発する前に自分の携帯電話番号が分かるので、事前に家族や友人に番号を知らせる事ができる!
●インターネット無料!
インターネット無料ニッテルのレンタル携帯を利用している方は、オーストラリアのニッテル全拠点にあるインターネットカフェを無料で利用可能! もちろん日本語対応だから、日本語でのメールのやり取りやネットサーフィンも出来ちゃう!
●接続料金無料!
 接続料金無料!プリペイド携帯電話、 現地契約では当たり前になっている接続料金(1通話毎に必ず掛かる接続手数料・通常25~30¢程かかります)がありません。 これだけでもかなり大きな節約になります。
●国際コーリング格安販売!
 国際コーリングカードニッテルのレンタル携帯を利用している方は、 日本への格安通話(1分2円程から)が出来るコーリングカードを優先割引価格で購入可能!国内通話はニッテルのレンタル携帯で、 日本への国際通話はニッテルのコーリングカードで!




投稿日: 2011年05月26日


削除
携帯電話を利用する
    コメント(0)